スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

再びの等々力の「桃源郷」-其の前編





さて、以前のブログでも何度となく綴らせて頂き、以降もずぅぅ~とお世話になっている。等々力の「桃源郷」へAlfa仲間の友人と訪問させて頂きました。


この日は私の友人であり、既にAlfaRomeo S.Z.のオーナーでもあるKさんの商談(と言うか現車最終確認)に僭越ながら、伺わせて頂きました。


久しぶりにKさんからご連絡を頂き、「Collezioneさんに、R.Z. Neroあるんですけど。。。」とお話頂いたのが、事の切欠でした。






本ブログでも以前にR.Z./Nero に関して記されて頂きましたが、それは既に忘却の彼方へと過ぎ去った想い出です。正しく自動車趣味は、「車格ではなく、人格の集い」である事を反面教師として、教えて頂いた結果となりました。





そして、去る日曜日にCollezioneさんへと赴くと、程なくしてKさんがやってこられました。


「最近、脚車として購入したんですけど、調子イイですよ!」と。。。羨ましい限りです。


これも以前に綴らせて頂きましたが、この75の状態も「凛として」Edgeの感じられる個体でした。内外装も美しく、かなりのレベルのコンデションが伺いしれる逸品でした。





暫し昔話に華を咲かせ、早速、AlfaRomeo R.Z.の下回りから確認していきましょう。







(「再びの等々力の「桃源郷」-其の中編」 へと続く)





にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

備えあれば憂いなし

STUDIO ARGENTO RZ MQP 1 
(Piccola Macchina "AlfaRomeo R.Z." and "Maserati Quattoroporte CORNES Serie Speciale" By "STUDIO ARGENT"こちらの方は、一足お先に”納車”となりました。)



 さて、本日、”納車”です!(嬉しい。。)このところ、従来の見慣れた”赤”系の梱包/BOXに加え、”青”系のモノも、大量に自宅に届けられ、既に自室はダンボールが結構溜まっております。。。その箱の中には”青”系の小物で溢れているのですが、本日、「等々力の”桃源郷”」さんへと、喜び勇んで持参するものの一つが、こちら。



Maserati Key Chain Male 
(Maserati純正のキーホルダーと、STUDIO ARGENTさんに特注で作成頂きましたMaserati Quattroporte CORNES Serie SpecialeのPiccola Macchina!)



 以前にも少しだけ、STUDIO ARGENTさんの”Piccola Macchina”は掲載させて頂いたのですが、この度、Maserati Quattroporte CORNES Serie Speciale バージョンを作成頂きました。で、違いはといいますと、、「微かに」Cピラー/後部ドアに七宝焼のMaseratiのエンブレムが模られています!(当たり前ですね、、外見での差異はこれ以外ないのですから。。。(笑)。でも、いいんです。これで嬉しいんですよね。そして、その裏/底面には、私の購入した個体のシリアルナンバーとイニシャルが打刻されております。



PM MQP6 4 
(CORNES Serie Speciale 16/50 と私の名前。


こちらのPiccola Macchinaの大きさはといいますと、iPhone 4Sと比較してみますとこんな感じです。



PM MQP6 3 
(左が”通常”のPiccola MacchinaのR.Z.とMQP6の大きさ。因みに、R.Z.の方がシルバー削り出しそのままですが、QP嬢の方にはメッキ仕上げを施しましたので、表面の光沢が異なっています。R.Z.はキーリングとして使用する予定はありませんので、シルバーの無垢な色合いがイイですね。そして右側、こちらは抑々の大きさからして、「特注」でお願いしましたAlfaRomeo R.Z.)



PM RZ 1 
(S.Z.(ES30)のものは嘗て、IL MOSTROの休会時にこの大きさで作成され、会員に配布されたようですが、R.Z.のものはこれ限り。(だと思います。。違うか。。。)ボンネットにも”エラ”がなく、忠実に再現されています。)



PM RZ 2 
(”屋根無し”をいいことに、お願いして、コクピット内部まで”掘り込んで”(笑)貰いました。う~ん、自分で言うのもなんですが、正直、素敵。。。。)



 そして、今回、こちらのMaserati Quattoroporte CORNES Serie Speciale バージョンは、家内へのプレゼントとして、もう一台、作成して頂きました。 無論、裏面には、上掲の写真と同様の打刻と家内のイニシャルが彫られています。



PM Master MQP6 2 
(Photo by STUDIO ARGENT。矢張り、素人の私が撮る写真とは綺麗さが異なります。まるで、モデルさんと芸人さん位(?)の映りの違いですね。。。嗚呼。。。)



そして、



Maserati Key Chain Female 
(シンプルな方が好きな彼女にはこちらのキーホルダーを。尚、これらのキーホルダーは日本国内では少なくなってきていますね。結構探してしまい、AlfaRomeoの時とはその選択の幅が大違いでした。。。勉強だ。。)




さてと。そろそろ支度をして、いざQP嬢の納車へとCOLLEZIONEさんへ向かいましょうか!




MQP6 COLLEZIONE 7 
(もう少し、待っててね。)



あ、最後に、AlfaRomeoを”降りる”訳ではなく、R.Z.はちゃんといますので、誤解無き様にお願い致します!

とある方から一言、「じゃあ、5月のALFAROMEO DAYには来れないんだねえ。。。残念だ。。。。」と”衝撃”のお言葉を頂きましたので。。。行きますよ、ちゃんと。雨ですと、微妙ですが。。。(苦笑) こちらのお誘いはまた別途に!




Alfa 166 Key Set 1 
(Keys for AlfaRomeo 166 V6/2.5ℓ AURORA with ZENDER Kit)
 


にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

Have a Break 19 ~戴きモノとお届けモノ(”赤いモノ”篇)

/ RZ and 166 
(この日は、久々に愛機2台を並べての時間を楽しみました。それにしても、各種自動車雑誌のAlfaRomeo特集で、最も扱いの少ない車種の一つがこのR.Z.と166ではないでしょうか。でもね、素敵なんですよ、ホントに!)



 さて、ブログ開設一周年記念の特集も綴り終え、ふと振り返ってみますと、この半年近く、殆どのブログ記事が、イベント参加レポートか”特別編”のような記念記事であったように思います。このどちらかというと”気楽な”「Have a Break」シリーズも昨年12月3日に「CLUB ZAGATO GIAPPONE」のディザーとして記したのみでそれ以前の記事は既に、記憶にありません。。これまで、只管、イベント/ツーリング記事が続きましたので、ちょっと趣を変えて綴りたいと思います。(イベントレポートで言えば、その”CLUB ZAGATO GIAPPONE 2012”の最終回も上梓しておりませんし、”快道を行く”も取材と下書きで止まって(汗。。)いますし、「花筐 篇」も実は昨年5月での最終章は推敲済みでUPのタイミングを逸しており、更には「白蛇の誘惑」の後篇や、”麗しのJr.ZAGATO放浪記”、「2011年R.Z.と166決算報告」も年始の事情でUPしておりませんし、、等々、、全くどうしましょう。。。(泣))



 で、この数週間、我が家、特に私が”占拠”している部屋は、ダンボールの箱で溢れ返っておりました。それも、嬉しい事に、”頂きモノ”や私が円高を享受せんと”お届け”頂いたモノが次々と手元に集結したからです。特に、態々頂いたモノは、素晴らしいものばかりでした。それらの大物/小物の一部を少しご紹介したいと思います。



RZ Special Leather Jacket 1 
(作成頂きました作者の方から直々に頂いてしまいました!愛機AlfaRomeo R.Z.の後ろ姿を赤い革ジャンのバックに!)



 こちらは、偶々、ブログ開設一周年の記念に!となりましたが、抑々は、とある事情から、「革ジャンは大切にすれば十年以上はもちますからね。」と愛機R.Z.の姿を、極秘に作成して頂いていたようです。ここでのポイントはこの絵(というのでしょうか?)ですが、プリントではなく、「手書き」である!ということです。プリントでもなく、更にはエアブラシを使ったものではありません!「手書き」の上に特殊なコーティングが為されておりますので、(意地悪に)無理やり折り曲げてみたのですが、”ペキっ”ということもなく、革素材の伸縮にあわせ、唯曲がるだけ。。不思議です。。何故このようなことができるのかは作者のこちらの方の”秘密”らしいのですが、兎に角、素晴らしいものです。


 そして、この革ジャン、楽しい遊び心に溢れているんです。この後姿ですが、よく見ますと、R.Z.のリアのAlfaRomeoのエンブレムは”ピンバッチ”が備え付けられております!(更には、その拘りとして、R.Z.のトノカバーの水平のラインが革のつなぎ目と合わせてあります。翻って、その前面には左胸にAlfaRomeo R.Z./S.Z(ES30)での特徴の一つと言えるフロントグリルが、”何も”装飾無く、描かれています。これは、作者の方曰く、「分かる人が解ればいいでしょ。」とのことでした。成程、納得。


 RZ Special Leather Jacket 2
(背面の少しUP。AlfaRomeoの紋章が立体となっているのがお分かり頂けると思います。撮影ヘタッピですみません。。)
 


RZ Special Leather Jacket 3
(前面左胸。ちょっと、淫靡なところも”IL MOSTRO”ですね。)


 そして、最後にアドバイス頂いたのは、「どちらかの袖の部分に”唯”「30」という(野球の背番号のみ、のようなイメージで)番号数字のみをワッペンか何かで付けて、”仕上げて”下さい。革ジャンはその持ち主が仕上げていくものですから。」とのことでした。ありがとうございます。(確かに以前の職場でも、やれ赤耳がどうした、ヒゲが云々と、デニムも”育てていくんだ!”のように言われていたことを思い出しました。)更に、革ジャンは、作品を描く為に、どうしても一度、しっかりと”洗い”ますので、少しオイルを染み込むように塗り込んで下さい。○○さん(ZAGATOR実名)がR.Z.のシートに使っているSPWさんの”鮫のオイル”でOKですから。」との事でした。(未だ施工しておりません、すみません。。)

 
 このような、「愛機を描いた世界に一枚だけの革ジャン」、私はとても嬉しく、有り難い思いで一杯になりました。本当にありがとうございます。しっかりと革ジャンのコンディションを整えて、颯爽と着こなしてみたいと思います。ありがとうございました。



 このような喜びに浸りつつ、ほろ酔い気分で帰宅しますと、一つダンボールに包まれたエアメールが届いておりました。それがこちら、前回の”御礼”クイズの選択肢の一冊として使用させて頂いたものでした。



  AlfaRomeo World 1
(「AlfaRomeo World」誌1990年11月にイギリス/ケンジントンのIWW社から発行されたものです。)

 この「AlfaRomeo World」誌ですが、その表紙がAlfaRomeo SZ(ES30)(尚、本誌はSの後ろ、Zの後ろに”.”を入れておりませんので、ここではそれに従います。)であることから、AlfaRomeo SZ(ES30)愛好家の間では既に有名な1冊でした。幾つかの書籍は入手しておりましたが、何故かこの一冊には巡り合えず、今日まで来てしまいました。然しながら先日、ふと見たeBayで、Auctionに出ているではありませんか!そして、この円高のおり、計算してみますと以前の70%程度の円換算となります。いつまで世界が日本を信じてくれるかも分かりませんし、国債暴落も対岸の火の手ではない我々ですから、一刻を争い、「この円高を利用しない手はない!」とここ半年程、矢鱈と海外Auctionに参加して参りました。その中に一つがこちらでした。


 内容は、無論、全てAlfaRomeoですが、1990年という年代から、巻頭ではAlfa 164についてが、その後”Trademark under the bonnet”として、SZと33が特集されています。他にも、75をReal Racing Familyとし、75Evoluzioneはもちろん、Group N/3、IMSA、Group A Superturismo等々、75のRacing Version揃い踏みの比較記事、そしてカルロ・キティの特集と正しく、ネオ・クラシック・アルファがテンコ盛りな内容でした。


 そんな中目を引いたのが、こちらの記事でした。


AlfaRomeo World 2
(AlfaRomeo SZ(ES30)の傍らに立つ、ジョルジョ・ピアンタ氏。こちらの記事ではAlfaRomeoの
Race部門のTOPとして、主としてアメリカCART Championshipへの意気込みを語っています。)


 ALFA CORSEを率いたジョルジョ・ピアンタ氏は、私がALFA CORSE GTVを購入した当時に、色々とその逸話やお話しを
伺う事ができました。残念ながら、CORSE GTVの”アバ美”でのお披露目には仕事の関係で伺えませんでしたが、その司会は、高島平の”霊峰”T社長が行って、Kオーナーはじめ、ALFA CORSEの方々を紹介なさっていたことが思い出されます。(それにしても、以前本ブログでも書きましたが、本当にCORSE GTV、よく曲がるんです!そしてコーナーが楽しかった!)




ALFA CORSE GTV 3 
(ALFA CORSE GTV専用の取説とプレスリリースフォト。このリアウイング、最高の美しさで、今までこれ以上の破状無きウイングは私としてはお目にかかっておりません。)



 さらに、何処で読んだ記事かは失念してしまったのですが、曰く「AlfaRomeo ES30の開発にはALFA CORSEがそのシャシーセッティングに拘っていた。」というものでした。それは、「とある打ち合わせに当時のALFA CORSE TOPであったピアンタ氏が白い未塗装のES30で現れた。これはALFA CORSE内部でES30のセッティングの最終調整に使われていたからではないか。」と言った内容だと記憶しております。私の知りうる限り、真偽の程は定かではありませんが、面白いエピソードを、ついこの誌面から思い出してしまいました。(どなたか、真相をご存じでしたら、教えて下さい。よろしくお願い致します。)



 そして、こちらは円高甘受の一環として詳細は割愛させて頂きますが、赤いのガーメントケース。


Alfa 8C Gament Bag 1 
(2つSetでのスーツ等を綺麗に折り曲げて皺にならないように運べます。しっかりした厚手の革ですね。)


 こちらのガーメントケースですが、とあるAlfaRomeoのOptionであると思われます。非常にしっかりとした造りとなっていて、使うのが憚られる程です。表面にはチェカーフラッグという訳ではないのでしょうが、横一線に格子状の折目が施されており、スポーティーなアクセントとなっています。

Alfa 8C Gament Bag 2 
(写真からも、とてもしっかりとした造りであることが見て取れます。無論AlfaRomeoの紋章が裏面には刺繍されておりました。)


そして、このガーメントケースが優れモノなのは、どうやら、運転席・助手席シートのヘッドレストに掛けておくことができるというものです。その証拠に、このように、ケース外側には、袋状になった部分があり、この袋状の部をスッポリとヘッドレストに被せると、そのまま洒落た形で、難なくつりさげる事ができるのです。



Alfa 8C Gamant Bag 3 
(どうやら、我が愛機AlfaRomeo R.Z.(無論、S.Z.(ES30)もですが)のシートバックレスト一体型の頂点部分よりは丸みがあり細身の形状を前提としているようです。未だ、R.Z.に合わせてはいませんが、Fitするしないに拘らず、このような出張の友は嬉しい限りです。また、特に、ほぼ100%”青天井”状態で、愛機R.Z.に乗る私にとっては、少しでもラゲッジスペースの活用に繋がるものは、大歓迎です。それがましてや、あの車の純正Optionであればなおさらです!)



 そして、革の色合い、少し曇ったような艶消しの赤なのですが、「どこかで見たことがあるなあ、、」と思い、あちこちと家の中を探してみますと、矢張り、ありました!




Alfa 8C BREMA Leather Jacket 1 
(AlfaRomeo純正、BREMA社とのコラボライダースジャケット。この一年、愛機R.Z.を駆る際にはほぼ毎回着用させて頂きました一着。確か、初めて来たのがソレイユの丘のAlfa 100周年記念の時であったと記憶しております、このBREMA社とのコラボジャケットですが、ナイロン表皮のボマータイプは良く見かけることがありますが、この本革Versionはあまりお目にかかっておりません。ライダースですので、シルエットは細身で、肩と肘の部分にはパット状の施しが為され、右袖には刺繍でQuadrifoglioは縫い付けられております。更には袖口にはBREMAの文字が刺繍されています。この1年半ですっかり汚れてしまった様子ですね。特にR.Z.ですので、右肩から上部にいけばいく程、黒くなってしまっています。この冬が終わりましたら、クリーニングにでも出さないと。。)



 こちらのLeather Jacketなのですが、初めて目にしましたのは、数年前のALFAROMEO DAYの会場でFAJ MarketingのDirectorの方が着用されており、余りにカッコ良かったので、一緒にいたM”大御大と「どうやったら、手に入るのかな?」と尋ねると「純正だから、ディーラーで注文できるよ!」とのことでした。勇んで主治医の元で確認したのですが、確かに純正オプションらしいのですが、在庫はおろか、データが出て来ません。。。仕方なく、暫く様子を尋ねて貰う事にしました、私はと言いますと、ドイツのディーラーとイギリスのディーラーでの純正AlfaRomeo SHOPのようなネット販売で確かに売られておりました。そこでメイルで、「注文したいのだけど、42のサイズですと、在庫はありますか?Shipment Feeはどれくらいでしょうか?また、受注生産でしたら、納期はどれくらいでしょうか?」と聞いてみますと、「ありがとう!日本からとは感激だよ!まずはWEBで注文してくれれば、それからオーダーを掛けるから、入荷したら連絡するよ!!」といった感じの内容でした。翻って、国内の状況ですが、既に数年前から発注をかけているが、全く音沙汰なし。。ということで、既にOut of Dataとしいてしまっていたようでした。これは正に、Lancia Musaの化粧ポーチ状態です!(Musaの助手席ダッシュボードにスッポ収まるお洒落なレザーポーチが付属またはOptionで付いているとのことだったのですが、未だ一つもその実物が入荷していない様でして。。。)



 その後、私は偶々、馴染そしてお気に入りのパーツ系のお店から「こんなのが3着だけ、4年前にオーダーしておいたのが入荷したので買わない?レザーは珍しいねえ。まあ、サイズはバラバラなんで早いもの勝ちになるけど。。」ということで、まあ、正直EUROでの現地価格を知っていたのですが、思わず二つ返事で「買います!」と元気よく答えた私でした。(苦笑)



 そして、ちょっと重たく、御馴染No.12さんから格安または物々交換(?)で頂きましたのが、こちらです。



OPTIMA Dry Battery 1
(No.12さんの弐代目愛機AlfaRom S.Z.(ES30)に装着されておりました、ミリタリースペックというOPTIMA ドライバッテリー。私自身としては、カッコよくアーシングもされた状態でピカピカのNo.12さんのエンジンルームに納まる姿しか見ておりませんでしたので、この単品をそのまま搭載してしまっていいのかどうのか、またNo,12さんに聞いてみます(笑)でも、嬉しい!)



 さて、昨年の「ILMOSTRO 2011」でも、その参加者の注目を浴びておりましたNo.12さんのミリタリースペックのOPTIMA ドライバッテリーですが、「白金台アルファロメオクラブ」のfacebook上にいきなり、「譲ります」という告知がなされたものですから、反射的に「買います!」と名乗りを上げさせて頂き(笑)、目出度く、No.12さんから先日の「朝カフェ」の場で、そのバッテリーを受け取りました。ありがとうございます。丁度、我が愛機R.Z.のBOSCH社製バッテリーは2010年5月に交換したものですから、既に2年が経過しておりましたので、バッテリー交換の必要に迫られる、と思ったこともございました。



 嘗ての初代愛機R.Z.では「オデッセイ」というブランドのドライバッテリーを積んでいたのですが、それ以来、十数年振りのドライバッテリーです。取扱いの注意等は別途No.12さんからご教授頂くこととして、今月から来月に予定されております愛機R.Z.の12か月点検時に、換装して貰おうと考えております。No.12さん、ありがとうございました!



AlfaRomeo RZ Engine Room 3 
(今のところエンジンベイ内も前回の”ゴットハンド”の施術が”効いて”いてピカピカですね!気持ちがイイです。)





 そして、この”秘密基地”で、久しぶりに紅白の”蛇”達との写真撮影に興じ、とある予定を済ませ帰宅しますと、又もや、ダンボールに包まれた重たい小包が届きました。その中身がこちらでした。




CAR Magazines MQP6 1
(このところ、イベントの度にお会いしていた「ロンバルディ」さんで購入させて頂きました、SUPER CG 28号の他、CG誌とCar Magazine誌が2冊。こちらが、まずは第一弾。その後、数日の内に、続々と(殆どが嘗て”捨てた”書籍なのですが、、(泣))御届け物が届きました!さて、内容はというと。。。)



(次回、「Have a Break 20~戴きモノとお届けモノ(”青いモノ”篇)」へと続く”予定”です。(笑))








にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

セピア色のRMJ(リバイバル・モータリング・ジャパン)



RMJ Image 2
 
(”Revival Motoring Japan"HPより抜粋。こんなイメージなのでしょうね。。。楽しみです。あ、でも、AlfaRomeo 写ってないかも。。。。。(泣))



  前回に引き続き、イベントに関する記事が続きますが、今週の土曜日10月8日、千葉県の茂原サーキットにおいて、「リバイバル・モータリング・ジャパン(Revival Motoring Japan:以後RMJと略)」というイベントが開催されます。恐らく、本ブログ右側のリンク集にも貼られているので「何だろう?」と思われた方もいらっしゃったかもしれません。 


 こちら、ブログ記事でも何度かご紹介させてい頂いている、”秘密基地”至近、”Harvest CONRERO”さんのAlfista大御大がその発起人の一人となっておられますイベントです。 本来は、本年4月に開催の予定だったのですが、3.11/東関東大震災を受け、約半年間延期になっておりましたもので、満を侍しての開催と相成った次第です。



RZ at CONRERO 1  
 (愛機AlfaRomeo R.Z. @ ”Harvest CONRERO")



 こちら、その開催の発端は、S社長のブログでの一文を引用させて頂くと、「30年前の筑波サーキットでのクラッシクカー壮行会が今まで多くのくるまに出会うことが出来、よりくるま生活をエンジョイできた。今は完全なレース主役で、素人が参加しにくくなっている。もう一度、気楽にレース仕様のくるまではなく、誰でも参加できる走行だと若い人たちにも誘えるし、家族で走りたい」との意見だったそうです。


 事実、「RMJ大会細則」の冒頭には、”当イベントは我国における「クラシックカー・レース」の原点回帰を目的とします”と謳われております。(あれ、私の愛機達はとても、”クラシック・カー”ではない、と今になって気付きました。。。抑々が、参加資格無い。。。)


 従って、参加される車両は主に、1960年代の車両がメインの様で、正直、私が生まれる前か、その前後の車両が大半を占めているようです。

(私の勝手な)イメージとしては



Cortina Lotus 1 
(コルティナロータスとBMW2002を追う、我がAlfaRomeo GTA Jr。行けぇ~!!!)



Lotus Elan 1
(そして、エランを追う、SR311の群れとジャガーEタイプ!これは参加車種を見るに、日本での何かのGPですかね?でもサーキットが左回りなのですが、、、、、私には詳細は分からじ、、、、(どなたかご存知でしたらご教示下さい。)この時代、私の元勤務先、輝いてましたねぇ。。。)



The 3rd Fuji Nihon GP 
((恐らく、、、)私の生まれた年に行われたFIA公認第3回日本GP、富士スピードウェイのヘアピンでの1枚。エランがアウトに膨らみ、その間隙を国産勢がすかさず、突いて抜き去ったようです。)


(尚、上記3枚の画像は”イメージ検索”結果から掲載させて頂いております。万が一、ご不便/ご迷惑おかけしておりましたら、ご連絡下さい。よろしくお願い致します。 ZAGATOR)



 従って、当然、参加するAlfaRomeoも、勢い、1960年代、若くても70年代初頭の個体が中心であると思われ、然るに、GIULIA系の車種であり、そのレース戦歴も確かな、GTA1300Jr、GIULIA TI Super等が、本イベントに最も相応しいRomeo、という事になるのではないでしょうか。


GIULIA GTA Look 1
(川崎の”総本山”での2台。共に素晴らしいコンディションでした。)


GIULIA Super 1600 1
(尚、こちらは”TI Super"ではなく、”Super 1600”。どちらにしても、私はこの”白いお弁当箱”が大好きです。GIULIA系は”白”!というのが勝手な私の思い込みです。。それにしても、辺り一面、宝石箱を引っくり返したようです。)


 そして、その走行カテゴリーも、
  • スパ・フランコルシャン
  • モンツァ
  • シルヴァー・ストーン
  • 船橋

 と、クラシックサーキット/名コースの名前が掲げられております。(船橋サーキットの終焉が確か1970年ですので、その時代まで、ということですね。そういえば、船橋サーキットの跡地がバブルの時代の”Spring, Summer , Autum、 Winter and Ski ~、湾岸スキーヤー!”の三井不動産系列経営の人口スキー場”ザウス”でしたね。今は、マンション群とIKEAですが、、、、、そして、船橋と言えば、浮谷東次郎氏と”カラス”でしょうか。(「がむしゃら、、、」、何度も読みました。こちらはまた別途、いつか綴りたいと思います。)

 然しながら、”当然”私が参加するのは、最後の「ファミリー・ローリング」だけ。。。。。。ヘルメットもレーシングスーツも何もありませんし、愛機R.Z.でサーキットを攻めたりしたら、きっと、”分解”してしまうでしょうから(笑)。万が一、166だとしたら、ATの変速不動、ブレーキフェードといったそれこそ、福澤先生の集団での越冬/巣立ちを招いてしまいますでしょう。。。




RMJ Pass 1 
(そして、何と、有り難いことに参加ナンバーが”33"!!これは正しく、私の人生の1台、Tipo/33!ではありませんか!参加台数は既に40台を優に超えているとのことですので、私の密かな”喜び”です。ありがとうございます!然し、”同乗 1名”と言っては見たものの、助手席は空いております。。。情けなし。。。)



 そして、目下の私の最大の悩みは、”車検「事前チェック表」”なる1枚。サーキット走行なので、車検があるのは理解できるのですが、「飛散防止テーピング」、「フロアマット撤去」、「ディップスティックガムテープ止め推奨」、「バッテリーターミナルガムテープ止め」、、、、、等々、何をどうすればいいのやら。。。。。サーキットの路面を走ること自体が初めて、且つメカニカルと”貼りもの”に滅法弱い私には「どこに何を貼るの?」といった具合です。(ファミリー走行でペースカー先導のカテゴリーと聞いて何も考えておりませんでした。時間、、、無し。。。)




 当日は、朝8時過ぎには、各カテゴリー別に走行が開始されます。午前中の各セッションは夫々の歴戦の名車達が、茂原サーキット東コースで”あの日”のような戦いを繰り広げるようです。もしも、お時間があったり、お近くに遊びに来られては如何でしょうか。



 私としましては、是非一度、現在の”自動車趣味”の原点を確固たるものにし、諸先輩方がその”遊び心”を十分に発揮している姿を拝見し、その素晴らしさを次世代の”自動車趣味人”たる子供達に伝えて行きたいですね。(因みに我が家では、子供3人が皆、クルマ嫌いなようです。。。(泣))


 然しながら、私、他の参加者の方は一人も存じ上げておりませんので、(抑々が”無謀”なのですね、きっと。。)恐らく、「何だ、この若造は。大体、そのクルマは違うだろう。。。」と諸先輩方に思われそうです。小さくなって、撮影に勤しみますので、ご容赦下さい。(今になって猛省中。。)



 

 当日の模様はまた、後日お伝えさせて頂きます。


DEL AUTO TZ1 1
(そして、川崎の”総本山”にある”至宝”TZ1!そこに存在して頂けるだけでいいです!そしてその周りは宝の山!)



(「色付きのRMJ(リバイバル・モータリング・ジャパン)」へと続く。)




にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

二匹の蛇の”これから”

RZ 25 
(愛機AlfaRomeo R.Z.と私。初代愛機R.Z.には今から10年強前に出逢い所有しましたが、その後、一時の”別居期間”を経て、4年程前に現在の二代目愛機R.Z.を購入させて頂きました。)


 さて、既にご報告しました通り、愛機Alfa166は、購入後2年が経過し、現在車検取得の為、主治医の元に入庫中、更には弐代目愛機AlfaRomeo R.Z.も購入して3年が流れました。この間、R.Z.においては、納車時にEBN社製のワンオフマフラーに換装し、オーディオをカロッツェリア(ALFADAY事務局長のTipo誌への寄稿等参照し、、)の物に換装、タイアを昨年の4月にピレリP-ZERO Neroへと純正サイズで交換した以外は、全くのノーマル状態で保持してきました。


 元来、私は”オリジナル”/ノーマル志向が強く、”生まれたままの姿がBEST”と思っているのですが、然しながら、いざ長期保有を考えると、「オリジナルのパーツは保管しておき、少しモディファイするのも良いかなあ、、、」と思い出してきた今日この頃です。


 特に、愛機R.Z.はもう少し、手を入れても良いのでは?といった欲望が日に日に強くなっているのを実感します。そして、その欲望の炎が、業火と化したのが、こちらでした。

ES30 Seat 1 
(こちら、憧れのタン色のAlfaRomeo S.Z.(ES30)のシート。No12さん、感謝です!)

 以前、どこかのブログで、同じくR.Z.のシート/内装(ドア内張り?)をS.Z.のシートと内装に換装していた記事を目にした記憶があるのですが、今となっては、思い出せません。但し、私が購入した ELSE DESIGNさんによる、AlfaRomeo R.Z.の特注のイラストですが、元々の内装色がR.Z.であるのに”タン色”のシート+リアウイング付(ダックテールの様な、、、)のものがオリジナルで、最初の依頼者のR.Z.の物がモチーフとなっていたようですから、恐らく、同じようなS.Z.内装への換装を試み、成功された方がいらっしゃるのではないかと思います。(やっと、自室の中で発掘しました。ELSE DESIGNさん、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。)



RZ 26
(大の”お気に入り”。この色使いがCOOLで好きです!ELSE DESIGNさん、ありがとうございました。次回、是非、166でお願いします。でもオーロラの色はどのようになるのだろうか。。。どこに飾ろうかなあ。楽しみです!)

 しかし、ここで私が考えるのは、内装(ドア内張り)までもS.Z.(ES30)の”タン色”に換装してしまうか?というところです。お蔭様で、S.Z.(ES30)のドア内張り部分も手には入るようですが、ここまでも”タン”色にしてしまいますと、少しコクピット感というか、R.Z.の真っ黒な中に浮かび上がるホワイトメーター、の潜水艦のような趣が削がれてしまうのではないか?と言う危惧です。


 今でも、Spider Sr.4の内外装のコントラストが私の原体験、且つ理想なのですが、このR.Z.に関しては、シートのみの換装であれば、それ程、運転中の視界の中に、”タン”色が入らないのではないか?と思っています。運転席側は問題ないのでしょうが、助手席側のドア内張りは、恐らく、右後方をサイドミラーで確認する際には、必ず目に入ると思われるからです。


 そうかと言って、シートのみの交換ですと少し、”味気無い”/如何にも取ってつけた感!があるのではないかと懸念しております。もちろん、現在装着されている純正の黒革シートは実家の自室に保管しておくことは言うまでもありません。


RZ Interior 3 
(このシートのみが”タン”色/S.Z.(ES30)仕様に換装されると想像したら、如何でしょうかな?勿論、最終レザーメンテナンスは、”愛宕のゴットハンド”に委ねることはいうまでもありません。)



RZ 155 SPW 1
(愛機AlfaRomeo R.Z.@愛宕の”ゴットハンド”。C氏の素敵なAlfa 155 Finai Editionと共に。)

 さて、どうしたものか、ここ数日が思案の為所であり、結論を出さねばなりません。と言うのも、来月中旬までには、定期6カ月点検の為の入庫が控えており、(前回の点検から走行僅か、300㎞に満たないのですが、、、、)、この際に点検&換装、その後にレザーメンテナンスといった流れで行いたいからです。また、いつまでも、COLLEZIONEさんにお預かり頂いているのも、気が引けるものですので、、、、(本当に、ありがとうございます!)



 また、愛機AlfaRomeo R.Z.で一つ、大きな懸念点がございます。それはラジエターの冷却水漏れです。 

RZ 27 
(写真向かって下側がフロント方向。水色の冷却水がシーリング材と混ざり合い、結晶のようにラジエターのサイド部分に付着しています。これはこれで、シーリング材の役目を果たしているのですが、ボンネットを開ける度に、溜息をつきたくなる
のも事実です。そのR.Z./S.Z.(ES30)ノラジエターサイドは樹脂製の加締めの為、このような現象は不可避です。私の場合は良く持った方と言えるのではないでしょうか。そう言えば、この部分、”ツボ”の連載で綴り忘れていましたね。。。。すみません。)


 現在は、シーリング材を充填し、漏れは完全に止まっていると報告を受けているのですが、現在であればまだ入手可能なR.Z//S.Z.(ES30)用ラジエターがありますので、そちらに換装すべきか、または、アルミ製のold timerさんの物辺りにすべきか、悩むところです、勿論、現状でも問題ないのですが、余り精神衛生上は良くありません。こちも、どうすべきかは思案の為所です。 勿論、早めの交換となろうとは思いますが、その出費を考えると、中々、決断出来ずにいる次第です。(情けない。。。。(泣))


RZ Bonnet Inner 1 
(さて、どうしましょうかね。。。(泣))





166 3 
(愛機Alfa166。”秘密基地”至近の海辺近くでの1枚。早く乗りたいなあ。。。) 

  

 翻って、愛機Alfa166ですが先日、主治医の元から、診断結果がメイルされて参りました。詳細は別途綴っていますが、(未だ”下書き”ですが、、)矢張り、エアコンに不具合箇所が発見されたとのことでした。。(泣)


166 Air Con Error 2
(こうなると、”手動”での回復を試みます。)



 矢張り、エアコンのエアミクスチャーフラップが動作不良を起こしており、通常、温かい空気が入ってはいけないのに、フラップが締め切らずに、因って、エアコン(冷房)の効きが悪い、というものでした。



 こちら、エアコンのミクスチャーフラップ部分の部品単体では、僅か15,000円程度ですが、大変なのは、この部品を交換するためには、166のダッシュボードの脱着が必要になることでした。そして、脅威であり、想像していたのですが、この工賃だけで、約18人の諭吉先生の家出が予測されるとのことです。。。。(大泣)


 既に、このことを見越して、”夏に強い”代車が、活躍していますので、今シーズンは、騙し騙し乗りきれそうですが、何れは対応しなくてはならない部分であることは、間違いありません。


TIIDA 4 
(”酷暑”の中でも、優等生な代車”日産TIIDA”。既に、一部では、愛機166より快適である、との意見が、、、、(泣)どうしよう。。。)


  そして、この車検に伴う入庫・診断結果に拘らず、何とかしたいなあと思っているのが、(suoer523さん、正解です!)タイア交換です。

166 Tire 2
 現在、愛機166に装着されているタイアは、既に5年以上前に製造されたミシュランのパイロットスポーツ2(PS2)です。当時、このタイアはスポーティーなセダンやハイパフォーマンス車には良く装着されており、その運動性能は高く評価されていたのですが、私や”日常の主”の使用環境の下では、”少し硬すぎる”というのが正直な印象です。


 未だ、”溝”も十分残っており、車検も通るのですが、如何せん、既に製造から5年以上が経ち、触っただけでも、そのゴムの劣化(硬化)は認識できる状態です。(愛機R.Z.のP-ZERO Neroの柔らかさと比較して、、、)


 そこで、何とか、タイアの交換を試みたいと思っております。現在の候補としましては、同じく、(評価の高い)ミシュラン社製の「パイロットスポーツ3」、愛機R.Z.と同じ、ピレリ社製のP-ZERO Nero、そして某自動車ジャーナリスト(元RのG8)推薦のP-ZERO Rosso、そして、コンフォートに振って、ブリヂストンのレグノといった4銘柄をイメージしております。

 もしも、本ブログをお読み頂いている読者の方で、推薦できる銘柄等ありましたら、お教え頂けると、幸いです。どうか、悩める子羊ならぬ”子蛇”をお救い頂ければと思います。どうか、よろしくお願い致します。
 

 そして実際には、この数か月でボディー、特にフロントAピラー付け根辺りからの室内への軋み音も増しておりましたし、ここで、何とかスポーツ系のタイアから、少しコンフォート系/柔らかい タイアへの交換をしたいのが、正直な感想です。

166 20110227 1 
(日常の”お買い物”でもお利口さんな愛機Alfa166。それから、LEDも入荷したようなので、ルームランプ交換してみなくては!)



 さて、斯様に、二匹の蛇達の今後には、私にとっては”大量な”福澤先生が必要になりそうであり、果たして、”これから”をどのようにすべきか選択しなくてはなりません。(ネガティブな意味では、決してありませんので、念のため。)


RZ and 166 1




 夫々の選択が為され次第、本ブログでもご報告させて頂きます。どうか、今後とも、”見捨てずに”、よろしくお付き合い頂ければ幸甚です。


TOD'S 1 
(先日の”土砂降り”初体験で、愛用のドライビングシューズも雨水に濡れてしまいました。愛機AlfaRomeo R.Z.のコンソール下等で濡れたというよりは、社外で濡れてしまったのですが、気分転換に、以前より購入したかったTOD'Sのドライビングシューズを購入しました。タウンシューズとしての適応性は「0」(ZERO)ですが、ドライビングシューズとしての”足の裏直接”感/履き心地は最高のように思えます。私の足に合ったサイズ、且つ目立たない黒に限りなく近い濃紺のものが日本には残り、2足とのことで、お取り寄せで購入しました。購入後に気づきましたが、こちら、更に雨/水には弱く、よくよく考えましたら、私の様に、”雨の中歩く”ような者が履いてはいけないかの様な注意書きが添えられていました。でも、気に入ってますし、AlfaRomeoのナイーブ(?)なアクセルワークにはお勧めだと思います。次回のツーリングでは、履いていきたいなあ。。)




 

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
プロフィール

ZAGATOR

Author:ZAGATOR
アルファ・ロメオという車に出逢って20年。人生の半分と少しを共にし、戻らない時間の中で素敵な仲間とその想い出を与えてくれています。この「おもしろき事もなき世をおもしろく」してくれる不思議な魅力を持った愛機達と、終わりなき修行の日々を送る毎日です。

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新トラックバック
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お客様
皆様の応援、よろしくお願い致します
更新履歴
*( 6/21) ブログ更新しました。
*( 6/20) ブログ更新しました。
*( 6/19) ブログ更新しました。
*( 6/18) ブログ更新しました。
*( 6/17) ブログ更新しました。
*( 6/16) ブログ更新しました。
*( 6/14) ブログ更新しました。
*( 6/12) ブログ更新しました。
*( 6/10) ブログ更新しました。
*( 6/ 9) ブログ更新しました。
*( 6/ 8) ブログ更新しました。
*( 6/ 7) リンク集一部削除しました。
*( 6/ 6) 本当にすみませんでした。。やっとのことでコメント返信しました。
*( 6/ 5) ブログ更新しました。
*( 6/ 4) ブログ更新しました
*( 6/ 3) 本当にお久しぶりです。。。2年ぶりに、ブログ更新しました。
*( 5/22)一部リンク先修正しました。
*( 5/18)リンク集一部削除しました。
*( 5/13)リンク集追加しました。
*( 5/11)ブログ更新しました。
*( 5/ 4)一部、不適切な発言のありましたリンク先、削除しました。
*( 5/ 2)ブログ更新しました。
*( 4/28)一部リンク先修正しました。
*( 4/27)ブログ更新しました。
*( 4/18)ブログ更新しました。
*( 4/18)リンク集追加しました。
*( 4/17)「業務連絡」でのブログ更新しました。
*( 4/11)コメント返信しました。
*( 4/ 9)ブログ更新しました。
*( 4/ 7)コメント返信しました。
*( 4/ 7)コメント返信しました。
*( 4/ 4)ブログ記事本文一部加筆修正しました。
*( 4/ 4)ブログ更新しました。
*( 4/ 4)コメント返信しました。
*( 4/ 3)コメント返信しました。お騒がせしてすみませんでした。。
*( 4/ 1)ブログ更新しました。
*( 4/ 1)ブログ記事本文一部加筆修正しました。
*( 3/31)ブログ更新しました。
*( 3/25)リンク集追加しました。
*( 3/25)リンク集追加しました。
*( 3/24)ブログ記事本文中の誤植訂正しました。先生すみませんでした!
*( 3/24)ブログ更新しました。
*( 3/23)ブログ更新しました。
*( 3/20)リンク集追加しました。
*( 3/20)コメント返信しました。
*( 3/20)ブログ更新しました。
*( 3/18)コメント返信しました。
*( 3/16)ブログ更新しました。
*( 3/14)ブログ更新しました。
*( 3/13)リンク集追加しました。
*( 3/12)ブログ更新しました。
*( 3/10)リンク集追加しました。
*( 3/ 9)リンク集追加しました。
*( 3/ 6)ブログ更新しました。
*( 3/ 5)コメント返信しました。
*( 3/ 3)ブログ更新しました。
*( 2/28)リンク集追加しました。
*( 2/27)ブログ更新しました。
*( 2/25)リンク集追加しました。
*( 2/24)ブログ更新しました。
*( 2/21)リンク集追加しました。
*( 2/19)ブログ更新しました。
*( 2/19)リンク集追加しました。
*( 2/17)ブログ更新しました。 *( 2/16)ランキングバナー(やっと)スマホ対応しました。
*( 2/15)ブログ更新しました。
*( 2/14)リンク集、素敵なブログ追加しました。
*( 2/13)コメント返信しました。
*( 2/13)追悼のブログ更新しました。
*( 2/12)ブログ更新しました。
*( 2/10)コメント返信しました。
*( 2/ 9)ブログ更新しました。
*( 2/ 7)ブログ記事脚注一部加筆しました。
*( 2/ 6)ブログ更新しました。
*( 2/ 2)コメント返信しました。
*( 1/31)ブログ更新しました。
*( 1/30)コメント返信しました。
*( 1/30)リンク集追加しました。
*( 1/29)ブログ更新しました。
*( 1/28)リンク集追加しました。これは面白いです!
*( 1/27)ブログ更新しました。
*( 1/22)ブログ更新しました。
*( 1/22)リンク集追加しました。
*( 1/20)ブログ更新しました。
*( 1/16)リンク集追加しました。
*( 1/15)ブログ更新しました。
*( 1/14)リンク集追加しました。
*( 1/14)コメント返信しました。
*( 1/13)ブログ更新しました。
*( 1/11)コメント返信しました。
*( 1/10)ブログ更新しました。
*( 1/10)コメント返信しました。
*( 1/ 8)リンク集追加しました。
*( 1/ 7)ブログ更新しました。
*( 1/ 7)リンク集追加しました。
*( 1/ 3)コメント返信しました。
*( 1/ 2)コメント返信しました。
*( 1/ 1)ブログ更新しました。
*(12/31)ブログ更新しました。
*(12/27)コメント返信しました。
*(12/26)ブログ更新しました。
*(12/25)リンク集追加しました。
*(12/23)ブログ更新しました。
*(12/20)ブログ更新しました。
*(12/18)リンク集追加しました。
*(12/16)ブログ更新しました。
*(12/15)リンク集一部整理しました。
*(12/15)ブログ更新しました。
*(12/13)コメント返信しました。
*(12/12)コメント返信しました。
*(12/12)ブログ本文一部訂正しました。
*(12/12)コメント返信しました。
*(12/12)ブログ記事本文掲載写真、一部差替えました。
*(12/12)ブログ更新しました。
*(12/11)コメント返信しました。
*(12/10)コメント返信しました。
*(12/10)リンク集追加しました。
*(12/10)コメント返信しました。
*(12/9)コメント返信しました。
*(12/9)ブログ記事本文一部修正しました。
*(12/9)ブログ更新しました。
*(12/9)リンク集リンク先一部修正しました。
*(12/8)リンク集追加しました。
*(12/4)ブログ更新しました。
*(12/4)リンク集追加しました
*(10/16)コメント返信しました。
*(10/15)ブログ更新しました。
*(10/2)ブログ更新しました。
*(10/1)コメント返信しました。
*(10/1)ブログ更新しました。
*(9/27)ブログ更新しました。
*(9/25)ブログ更新しました。
*(9/23)ブログ更新しました。
*(9/21)ブログ本文記事一部訂正しました。
*(9/20)ブログ更新しました。
*(9/19)コメント何とか返信しました。
*(9/10)ブログちょっとだけ更新しました。
*(9/10)コメント少しだけ返信しました。お許しを。
*(7/ 2)コメント返信しました。
*(7/ 1)ブログ更新しました。
*(6/30)コメント返信しました。
*(6/29)ブログ更新しました。
*(6/25)ブログ更新しました。
*(6/25)コメント返信しました。
*(6/24)コメント返信しました。
*(6/23)ブログ更新しました。
*(6/22)コメント返信しました。
*(6/22)コメント返信しました。
*(6/21)ブログ更新しました。
*(6/20)コメント返信しました。
*(6/20)コメント返信しました。
*(6/18)ブログ更新しました。
*(6/17)コメント返信しました。
*(6/17)ブログ更新しました。
*(6/16)コメント返信しました。
*(6/16)リンク集追加しました。
*(6/15)コメント返信しました。
*(6/15)ブログ更新しました。
*(6/14)リンク集追加しました。
*(6/13)ブログ更新しました。
*(6/12)コメント返信しました。
*(6/11)コメント返信しました。
*(6/10)記事写真追加しました。
*(6/10)コメント返信しました。
*(6/10)ブログ更新しました。
*(6/ 9) リンク集追加しました。
*(6/ 8)ブログ更新しました。誠に申し訳ありませんが御連絡です。
*(6/ 7)コメント返信しました。
*(6/ 6)ブログ更新しました。
*(6/ 5)コメント返信しました。
*(6/ 5)リンク集追加しました。
*(6/ 4)ブログ更新しました。
*(6/ 4)コメント返信しました。
*(6/ 3)ブログ記事本文一部加筆修正しました。
*(6/ 2)ブログ更新しました。
*(5/31)ブログ記事本文一部加筆修正しました。
*(5/31)ブログ更新しました。
*(5/30)コメント返信しました。
*(5/29)ブログ記事本文加筆しました。
*(5/28)ブログ更新しました。
*(5/27)コメント返信しました。
*(5/26)ブログ更新しました。
*(5/26)コメント返信しました。
*(5/24)コメント返信しました。
*(5/23)ブログ更新しました。
*(5/22)コメント返信しました。
*(5/22)ブログ更新しました。
*(5/21)コメント返信しました。
*(5/20)ブログ更新しました。
*(5/18)ブログ更新しました。
*(5/17)コメント返信しました。
*(5/17)リンク集追加しました。
*(5/17)コメント返信しました。
*(5/16)ブログ更新しました。
*(5/15)コメント返信しました。
*(5/14)コメント返信しました。
*(5/14)ブログ記事本文一部訂正しました。
*(5/14)ブログ更新しました。
*(5/13)コメント返信しました。
*(5/11)ブログ記事本文一部加筆修正しました。
*(5/10)ブログ更新しました。
*(5/10)コメント返信しました。
*(5/ 9)コメント返信しました。
*(5/ 8)ブログ更新しました。
*(5/ 5)コメント返信しました。
*(5/ 4)コメント返信しました。
*(5/ 3)ブログ更新しました。
*(5/ 3)コメント返信しました。
*(5/ 2)ブログ更新しました。
*(5/ 1)遅くなりすみません。コメント返信しました。
*(4/28)コメント返信しました。
*(4/28)ブログ記事本文一部訂正しました。
*(4/28)お詫び。誤掲載記事削除しました。御見苦しい点、申し訳ありませんでした。
*(4/28)ブログ更新しました。
*(4/28)コメント返信しました。
*(4/27)リンク集一部改訂しました。
*(4/26)リンク集追加しました。
*(4/25)ブログ更新しました。
*(4/23)記事写真差替えました。
*(4/23)リンク集追加しました。
*(4/23)コメント返信しました。
*(4/22)ブログ更新しました。
*(4/21)コメント返信しました。
*(4/20)ブログ更新しました。
*(4/19)コメント返信しました。
*(4/18)コメント返信しました。
*(4/18)ブログ更新しました。
*(4/18)ブログ記事本文一部訂正しました。
*(4/15)コメント返信しました。
*(4/15)ブログ記事本文一部加筆訂正しました。
*(4/15)ブログ更新しました。
*(4/14)リンク集追加しました。
*(4/14)コメント返信しました。
*(4/14)ブログ記事本文一部訂正しました。No.12さん、感謝。
*(4/13)ブログ更新しました。
*(4/13)過去記事本文一部訂正しました。
*(4/12)ブログ更新しました。
*(4/11)リンク集追加しました。
*(4/10)コメント返信しました。
*(4/10)ブログ更新しました。
*(4/ 9)コメント返信しました。
*(4/ 7)ブログ更新しました。
*(4/ 7)コメント返信しました。
*(4/ 6)コメント返信しました。
*(4/ 6)ブログ更新しました。
*(4/ 4)コメント返信しました。
*(4/ 3)ブログ更新しました。
*(4/ 2)コメント返信しました。
*(4/ 2)全記事表示追加しました。
*(4/ 2)リンク集追加しました。
*(4/ 1)コメント返信しました。
*(4/ 1)記事本文加筆しました。
*(4/ 1)ブログ更新しました。
*(4/ 1)コメント返信しました。
*(3/31)記事写真/本文加筆修正しました。
*(3/31)コメント返信しました。
*(3/31)コメント返信しました。
*(3/31)ブログ更新しました。
*(3/29)ブログ更新しました
*(3/28)ブログ更新しました。
*(3/28)コメント返信しました。
*(3/28)カテゴリー追加しました。
*(3/27)コメント返信しました。
*(3/27)ブログ更新しました。
*(3/26)コメント返信しました。
*(3/25)リンク集追加しました。
*(3/25)ブログ更新しました。
*(3/24)コメント返信しました。
*(3/24)ブログ更新しました。
*(3/22)コメント返信しました。
*(3/22)リンク集一部改訂しました。
*(3/21)コメント返信しました。
*(3/21)記事本文訂正しました。
*(3/21)ブログ更新しました。
*(3/20)リンク集追加しました。
*(3/20)コメント返信しました。
*(3/20)ブログ更新しました。
Hitch your wagon to the star
ブログ内検索
リンク
ご意見・ご感想はこちらから
アルファな意見お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

Automatic Translation
To select your appropriate language to be translated automatically
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。